ネズミ駆除で押さえておきたいこと!駆除や対策は業者依頼が一番!

住宅においてネズミ被害でお悩みの方は意外に多いです。家にネズミが侵入したことが分かれば、すぐにでも駆除したいものです。ネズミ駆除は根気のいる作業です。ここでは、ネズミ駆除に関する基礎知識と共に、業者依頼するメリットについてもお伝えします。

住宅に現れるネズミとは?

住宅のネズミ駆除

ネズミの特徴

ネズミというのは、世界中のあらゆる場所に生息している動物で、自然界では植物の種を運ぶ重要な仕事を果たしている存在でもあります。また、環境適応能力や学習能力に優れており、警戒心が強いこともネズミの特徴で、他にも夜行性であることから聴覚が発達しています。生後2~3カ月で大人のネズミに成熟し、繁殖能力も高く増殖します。雑食性なので、人間の食べ物は何でも食べます。ネズミが人へも影響を与えるのですが、食べ物や住宅への被害、病原菌や寄生虫などの媒介などが挙げられ、見た目によらず暮らしを危うくする害獣なのです。住宅に住みつくネズミには、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミが代表的な種類となっています。

住宅にねぐらを作る3タイプのネズミ

住宅に住みつくネズミには3タイプおり、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミが代表的な種類となっています。

① ドブネズミ
ドブネズミというのは、体長約18~23㎝の大きな体をしているのが特徴です。好物は魚介類や肉などの動物質で、性格はとても凶暴です。主に、植え込み、公園の緑地、下水管、排水溝、カウンターの中などをねぐらとしています。屋外のねぐらでは、土の中に穴を掘ってそこを住処にしていることが多いです。
② クマネズミ
クマネズミは、体長約17~21㎝の大きさで、耳が大きく長い尾が特徴です。穀物や果物などの植物質を食べ、性格は警戒心が強く、木登りが得意で天井裏にも簡単に上がることができます。ビル内の高層階、天井裏、壁の中などに紙、ビニール、布などを使ってねぐらを作って生息しています。
③ ハツカネズミ
ハツカネズミは、体長約7~9㎝と全体的に小ぶりな体が特徴です。穀類や種子などの植物質を食べます。主に、屋外に生息していますが、冬季には家屋内に侵入して建物や倉庫内などをねぐらにしています。繁殖力がとても強く、小さい体なので隙間からも侵入します。

ネズミが発生しやすい場所とそのサイン

ネズミが発生しやすい場所というのは、主に、食べ物がある場所や天井裏などが代表的です。ネズミ駆除を行うには、まず初めにネズミの存在をしっかり確認することが大事になります。ネズミが生息していると、習性から証拠を幾つか現場に残しています。これをラットサインと言うのですが、このサインは見逃してはいけません。たとえば、ネズミが生息していると尿や大量の糞が見つかります。ネズミというのは、基本的に移動しながら尿をする習性を持っており、暗闇をブラックライトで当てると光を発したり、ネズミのこすり跡なども黒光りします。このようなラットサインが発覚すれば、ネズミの侵入口や行動パターンを把握でき、効果的にねずみ駆除を行うことができるのです。

ネズミが暮らしに及ぼす被害とは?

ネズミの被害

衛生面

ネズミは、病原菌を運んだり、家ダニや寄生虫を持っていたりします。病原菌を含んだ糞を住宅にすることで、家中に菌をまき散らしているのです。食中毒菌を持った排泄物に食物が汚染されると、その食物を食べた際に食中毒になる危険性もあります。また、ネズミに寄生しているノミでペスト菌に感染してしまうと致死率の高いペストにかかったり、家ダニが人体に被害をもたらしたりする恐れもあります。他にも、悪臭や走る音など不快感、不眠症、不潔感なども暮らしを送る中では深刻な問題です。

経済面

ネズミというのは、家の柱、壁、家具などをかじる他、糞や尿で家の資産価値を低下させていきます。また、電気コードをかじって電気障害を起こし、火災に繋がることもあります。ネズミがモノをかじるのは、常に前歯が伸び続けるために硬いものをかじるのです。このため、かじる行為で伸びてしまう前歯を擦り減らしています。また、繁殖力が高く、苗、木の根、農作物なども食べるので、農林業においてもネズミの被害は深刻です。

ネズミ駆除のおすすめグッズとは?

大阪 ネズミ駆除

忌避きひスプレー

忌避スプレーというのは、ハッカ油などネズミが嫌いな匂いなのですが、それをネズミがいる場所にスプレーします。手が届きにくい場所にも行き渡ることができるように、約3~4m程度届くタイプも販売しています。忌避効果はおよそ2週間程度の持続性があり、継続使用していくことがおすすめします。しかし、ネズミの中には匂いに慣れてしまうケースもあり、効果が薄れてきた際には別の忌避剤を使用しましょう。また、忌避剤の匂いは非常にキツい匂いなので、使用場所には注意して下さい。

くん煙剤

くん煙剤というのは、忌避スプレー同様ネズミが嫌いな匂いの忌避剤になります。忌避成分を煙で部屋中に充満させるので、広い空間の駆除効果に向いています。くん煙剤の使用時には、室内を密閉し家電製品などは煙から保護するなど、事前準備が必要です。スプレーより準備に手間はかかりますが、1度使用すれば部屋全体のネズミ駆除対策ができるので、効率的な方法といえます。

ネズミ駆除を業者依頼するメリット!

大阪 ネズミ駆除

まず、何と言っても、習性や行動パターンを熟知していることは大きいです。ネズミが屋内に侵入する経路や行動パターンは、素人ではしっかり把握することはできないです。たとえば、ネズミを捕獲するための罠を仕掛ける場合でも、全く見当違いの場所に仕掛けてしまえば無意味ですよね。その点、プロの業者というのは、ネズミ駆除に関する専門知識はもちろん、今までのノウハウなどを色々駆使して、最善の対策を行うことができます。なので、ネズミ捕獲一つ挙げても、惜しみなく粘着シートを使用したり、独自の捕獲工夫など考えながら設置したり、徹底的に駆除対策を行ってくれます。

そして、時間や手間を大幅に減らせます。たとえば、ネズミを数匹捕獲すれば問題が解決するのであればいいですが、実際は、そうはいかないパターンは多いです。ネズミ算といわれるように、基本的にネズミというのは繁殖力が高い生き物です。なので、既に建物内でネズミにねぐらを作られた状態では、そこに住みつくネズミを全て一網打尽にしなければ駆除できません。その時間や手間を考えた際に、素人ではできることの限界があるので、そんな時はプロに依頼することが賢明です。
さらに、プロに依頼すればネズミの死骸処理も任せることができます。ねずみの死骸は、生ゴミや燃えるゴミとして処理が可能なので、手袋や消毒液などを用意して自分で処理もできます。しかし、問題は抵抗なく自分で処理ができるか否かになります。ネズミが1匹2匹の話ではない場合、プロに依頼した方が確実に安心して処理してもらえます。



まとめ

ここでは、ネズミ駆除に関する基礎知識と共に、業者依頼するメリットについてもお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
ネズミというのは、大変頭が良くて学習能力に優れた生き物です。危険察知能力や警戒心の強さは、私達が考える想像以上ものがあります。自分で駆除や予防を行ない解決すれば良いですが、現実は、そう上手くいかないケースが殆どです。ネズミ駆除や対策にお悩みの方は、是非、プロに依頼して確実に問題解決していきましょう。